FC2ブログ

三四呂人形 3D技術で復刻 三島市文化財 商議所「特産品に」

ニュース
03 /02 2021
3月2日の長泉町

三四呂人形
3D技術で復刻 
三島市文化財
商議所「特産品に」


3月2日の天気

午 前 : 雨
午 後 : 雨

三島市出身の
人形作家、
野口三四郎(1901~37年)が
生み出した
三四呂(みよろ)人形
を三島商工会議所が
復刻させ、
このほど
三島市の
みしま未来研究所で
お披露目
されました。


沼津市の
沼津高専や
民間企業も協力し、3
D技術を駆使して
細部まで
正確に
再現しました。


三四呂人形は
水辺で遊ぶ子どもなどを
ほのぼのと
表現した創作人形です。


WS000153.jpg

三四郎が
本格的に製作したのは
昭和初期とされ、
忠犬ハチ公や
パラソルを持つ
洋装の女性など
時代の話題、
流行を取り入れた作品も
多いです。


戦後になると
夫を戦地で亡くした
女性たちが
内職として作り、
結婚式の引き出物などに
用いられたが、
作り手の減少で
約30年前から
姿を消しました。


三島商工会議所は
2016年度の
創立70周年記念事業として、
三島市の
文化財に指定されている
三四呂人形の
特産品化に
乗り出しました。


三四郎の娘
里子」をかたどった
人形の立体データを
沼津高専などの
協力で取得し、
3D技術を得意とする
奈良県の社
会福祉法人に
依頼して
完成させました。


目の位置や
着物の形なども
正確に
再現されています。


お披露目会では
地元の小学生による
張り子人形の
色付け体験なども行われ、
児童がオリジナルの
三四呂人形を
製作しました。


三島商工会議所は
三島の名物は
食べ物が多いが、
文化的な特産品としての
三四呂人形を
知ってもらいたい
」と
しています。


三四呂人形は
1体3460円で
販売します。


問い合わせは
三島商工会議所
電055(975)4441>へ。


三四呂人形、可愛らしいですネ。
スポンサーサイト



熱海怪獣映画祭 「コロナに負けない」 3月12~14日、配信も

ニュース
03 /01 2021
3月1日の長泉町

熱海怪獣映画祭
「コロナに負けない」 
3月12日~14日、配信も


3月1日の天気

午 前 : 晴れ
午 後 : 晴れ

熱海を怪獣の聖地に」を
合言葉にした
熱海怪獣映画祭が
3月12日~14日、
熱海市で開かれます。


静岡県文化プログラムの
一環です。


主催する
一般社団法人熱海怪獣映画祭の
永田雅之代表は
強い怪獣のように、
新型コロナに
負けない
強い気持ちで
臨む
」と
意気込んでいます。


映画祭は
今年で
3回目です。


12日に
ホテルニューアカオで
熱海ゴジラ伝説 熱海絶対防衛ライブ」
題したコンサートを
開くほか、1
3日と14日に
国際観光専門学校熱海校で
総天然色ウルトラQ」(1966年)や
キングコング対ゴジラ」(62年)など
計12本の映画を
上映します。


入場者数の制限や
換気などの
感染対策を徹底し、
来場できない人のために
コンサートを
有料配信します。


熱海市内の
怪獣映画
ゆかりの地を紹介する
映像コンテンツも
配信します。


このほど、
有志ボランティアによる
決起会が開かれ、
会場での
感染対策などを
確認しました。


WS000152.jpg

永田さんは
お客さまに
安心して
楽しんでもらえるよう
準備し、
熱海から
元気を発信したい
」と
語りました。


映画祭の詳細や
問い合わせは
一般社団法人熱海怪獣映画祭ホームページ
https://atamikaiju.com>へ。


怪獣映画の聖地になると良いですネ。

明治、大正期の千代紙鮮やか 三島・佐野美術館で企画展

ニュース
02 /28 2021
2月28日の長泉町

明治、大正期の千代紙鮮やか 
三島・佐野美術館で企画展


2月28日の天気

午 前 : 晴れ
午 後 : 晴れ

200年以上続く
東京・日本橋の
和紙舗「榛原」の
所蔵コレクションを集めた
企画展
千代紙 花鳥風月」が
4月4日まで、
三島市の
佐野美術館で
開かれています。


和紙に
木版多色刷りで
鮮やかに彩られた
千代紙は、
包装紙や
のしなどに
用いられた
装飾用加工紙です。


WS000151.jpg

文化3(1806)年創業の
榛原が作り、
守り続けてきた
明治、
大正期の
作品を中心に
145点を
展示しました。


絵封筒や
うちわなども
並ぶほか、
竹久夢二や
川端玉章たち
当時の一流画家が
描く下絵で
作り上げた
千代紙もあり、
注目を集めています。


入館料は
大人が
1100円、
小中学生と
高校生は
550円です。


木曜休館です。

千代紙、鮮やかですネ。

「踊り子」更新で記念乗車券 伊豆箱根鉄道 新旧2車両モチーフ

ニュース
02 /27 2021
2月27日の長泉町

「踊り子」更新で記念乗車券 
伊豆箱根鉄道
新旧2車両モチーフ


2月27日の天気

午 前 : 晴れ
午 後 : 晴れ

1981年から
40年間にわたって
運行してきた
特急「踊り子
185系が
3月12日に引退し、
E257系が
後継車両として
更新されるのを
記念し、
伊豆箱根鉄道は
新旧2車両を
モチーフにした
乗車券セットと
クリアファイルの
販売を開始しました。


WS000154.jpg

踊り子は
東京―修善寺、
東京―下田を
往復しています。


旧国鉄時代から
運行する
185系の車両は
老朽化のため
3月で引退し、
新たに
JR中央線を
走行していた
E257系の外装を
塗り替えて
運行します。


記念乗車券は
新旧の車両ごとに
販売し、
特製の台紙に
伊豆箱根鉄道駿豆線で
利用できる
D型硬券を
貼り付けて
販売します。


さよなら185系」セットは
乗車券6枚入りで
1340円、
ようこそE257系」セットは
三島―修善寺の
特急券も
加えて
1540円です。


各2000セットを
三島、
大場、
伊豆長岡、
修善寺の
各駅とイ
ンターネットで
販売します。


クリアファイルは
300円です。


問い合わせは
伊豆箱根鉄道
電055(977)1207>へ。


良い記念になりますネ。

職人技光る全国の陶器一堂に 三嶋大社、3月7日まで展示販売

ニュース
02 /26 2021
2月26日の長泉町

職人技光る全国の陶器一堂に 
三嶋大社、3月7日まで展示販売


2月26日の天気

午 前 : 曇り
午 後 : 曇り

全国各地の
陶芸作品を
一堂に集めた
全国大陶器市」が、
三島市の
三嶋大社で
3月7日まで
開かれています。


展示作品は
有田焼や信楽焼など
各地の名産品約20万点で、
皿やコップ、
鍋など多彩な焼き物を
並べた
14店舗が
軒を連ねています。


WS000149.jpg

長崎県波佐見町の
波佐見焼は
伝統技術に
新たなアイデアが加えられ、
傾けても
ふたが落ちない急須など
日用食器を
中心に出品しました。


備前焼では、
1200度の窯から
出して急冷する
引き出し黒備前」など
職人の技術が光る
作品に注目が
集まります。


箸や金物なども
展示即売されているほか、
包丁や鎌などの
刃物を有料で研ぐ
サービスも
行っています。


全国大陶器市振興会は
芸術品から
日用品まで
さまざまな作品がある。
ぜひ見に来てほしい
」と
来場を呼びかけます。


色々な陶器を見る良い機会ですネ。